北の星ニュース

2020-02-20 15:39:00

去る、令和2年1月29日(水)、主催:公益財団法人北海道地域活動振興会、共催:千歳市で開催された、「協働の地域づくり講演会」を聴講して参りました。

 

講師は夏川立也氏でした。夏川氏は、京都大学在学中に、落語家の桂三枝氏(現:桂文史枝氏)に師事し、卒業後に吉本興業の芸人として芸能活動をスタートされ、芸能界、社会貢献、ビジネスの経験から、楽しい空気の周りには人が集まり、その集団はポジティブである事に着目。そのことから周囲を楽しい雰囲気に変え、ビジネス・地域活動に必要なコミュニケーション方法を、講演会や研修会などで講義されています。

 

 ”人の輪を生み出すコミュニケーション術”を演題とした本講演会では、実際に隣席の方と簡単なゲームを用い、そこにどのような空気が生み出されるのかを体感したり、言葉で発信した情報を絵にかき表して受信し、同じ情報から受信側の解釈により情報がどのように変化するものか、などを体感しながら進み、ただ聴講するよりも参加している感覚の講演会でした。

 

確かにその日まで見ず知らずの隣席の方とも、ゲームで笑いが起こり、場が和み、コミュニケーションが生まれました。

 

職場、地域などで、あえて、笑い=良い感情を与えることを意識しておりませんでしたが、良い感情が相互信頼の関係を作っているのだと感じました。

 

今後、皆様に役立つ環境づくり、組織づくりをしていくために、今回の講演会で学んだことを活かして参ります。